売却するときの注意

売却は少しでも高く、購入は少しでもく、これは、誰しもが考えることです。

相場より安く販売し後で後悔はしたくないものです。

しかし、高すぎる値段で販売をかけ、出回り物件になり販売チャンスを逃しては一大事です。

そういったことを防ぐためには「今、いくらで売れるのか」を正確に知ることが大切です。

<<宅地建物取引業者に依頼しましょう>>
  不動産業者は普通「宅地建物取引業免許」を取得しています。

無免許で不動産業を行うことは違法です。
どんな有利そうに見える提案があっても、違法な業者には任せてはいけません。

takken宅地建物取引業協会
のマーク
<<無料査定・・・正確な相場の計算>>
  まず、売却したい物件について、いくらで売れるかの査定をします。
誰もが、高く査定してもらうと、うれしいのですが、高すぎては売れない可能性がでてきます。

不動産業者の中には、「勘」で査定する業者もいますが、まともな業者なら、他の売買物件や成約物件と、比較して計算します。

土地の形状・状況、道路の方位や幅員、小中学校までの距離、駅やバス停までの距離、買物の利便性、周辺のロケーション、給排水およびガスの敷設状況、高圧電線や不快施設の有無などを、数値に置き換えて計算し査定します。こういった正確な査定が不可欠です。

imagebai1
  査定後、販売金額を決定します。十分納得した上で売却のための手続きに入ります。
<<高価買取>>
  急な資金を必要とする方には、高価にて買取ります。
<<売却仲介>>
  3ヶ月以内で売って欲しい方それ以上期間がかかっても高く売りたい方には売却の仲介方式をいたします。

売却仲介の契約書(国土交通省の省令で定める様式)を作成します。契約期間は3ヶ月で、あなたが希望しない限り更新されません。
売れない限り、手数料は発生しません。売却の不動産業者との媒介契約は3種類です。

1. 一般媒介契約      2. 専任契約       3. 専属専任契約

<<有効な広告>>
  売却には、いかに多くの購入希望者に紹介するかがポイントです。

広告方法は
インターネットホームページ
常陽リビングやエリート情報などに掲載
全国の不動産業者が加入している「レインズシステム」への物件登録
茨城県の不動産業者への販売図面の配布(アットホーム社・ニーズ社)

その会社に登録されているお客様への紹介
などがあり、お客様と相談してどの方法をとるのかを決めています。これは通常無料で行っています。

<<買い替え計画書作成>>
  買い替えの場合、売却・ローン返済・購入・ローン借り入れなど資金計画を十分に立案しなければなりません。
豊富な経験の業者は、お客様に安心な資金計画を立案します。

(1061)