宅建取引士とは

宅地建物取引主任者について
 

宅地建物取引士は、国家資格です。

この資格を持っているものでなければ、不動産売買契約の前の「重要事項説明」は行ってはならないと、法律で決められています。宅建取引士は、皆さんが不動産取引をする場合、必ず一度は会いますし、皆さんにとって心強い味方になってくれる可能性のある人です。

宅地建物取引士

  • 宅建取引士は、必ず「宅地建物取引士証」を携帯しています。重要事項説明の際は、それを見せることになっています。

    宅地建物取引主任者証(見本)
    image16

     

     

  • 重要事項の説明のほか、契約書にも記名捺印します。
  • 不動産業者の場合、5人に1人はこの宅建取引士でなければなりません。
  • この国家資格の試験は、年1回で、100人中15人以下の合格率です。
  • 試験範囲は、民法・宅建業法をはじめ、建築基準法・都市計画法・宅地造成法・農地法・登記・地盤・税金など多岐にわたり、専門的な内容です。
  • 50問がすべて4択で、35問くらいで合格するといわれています。
  • 五年ごとに更新があります。
  • 試験に合格しても、不動産関連法令違反や、罰金以上の刑法違反などがあると、取引士にはなれず、あるいは更新が出来ません。
  • 違法行為や、誤った説明をすると、資格の取り消しなどになり本人にとって大変なことになってしまいます。ですから、慎重な説明や行動になります。
  • お客様にとって、信頼できる相手といえます。

(625)